2016年05月29日

第16回杜の宮市アルバム

第16回杜の宮市のアルバムを作成しました。

https://goo.gl/photos/yoyWXNbbQrNB9Ng89

スクリーンショット 2016-05-29 16.28.25_1.6w.jpg
posted by 星野博 at 16:32| Comment(0) | トップ

2016年05月07日

神様のウインクに感謝しつつ迎える、第16回杜の宮市

5月7日の天気予報に雨傘を見ては感じる無常観と必然偶然。
朝に夕に夜中に休みに作業し続けた半年は、雨粒の下に消えるか。

そう思っていたのですが、昨日午後になって、日中は陽が持ちそうな予報に変わりました。
神様のウインクだと増長する思いをいさめつつ、また今日も開催当日になるまで遅れた準備をしています。

15年前の6月3日午前0時。初めての杜の宮市を迎える前夜。明日は5百人来るかな、千人来てくれるのかなあ、そもそも誰か来るのだろうか。ちょっと暗い当日の迎え方でしたが、朝があけると10時の開始時間より1時間近く前からあれよあれよと会場は人にまみれていきます。その空気に高揚感と猜疑心と緊張でくらくらしていたのを思い出します。

その時は睡眠が極端に減って、準備の半年で10キロほど痩せました。また半年で戻りましたが。
口惜しさ、虚しさ、孤独感。夢と志と日常。いろいろなものに挟まれながら突き進んだ半年でした。
今回も久しぶりにかなりひどい生活で仕事と杜の宮市の両立をはかりました・・・が、痩せません。

それから15年。
16回目にして、本町商店街と共同に至りました。
書けばそんな一行なのですが、オープンに書けないことも含め実際にはそれはもう面倒なこと、ばかばかしいことがよく勃発してました。

そして2016年。
駅ビル、市役所、そして中心市街地という三位一体のまちなか再生で、まちの両側のハードがやっとそろった年。そのハードには違和感も感じつつ、しかし2007年から9年もかかっての揃い踏み。

今年は、一宮のまちなか再生ルネッサンス元年だと勝手に決めています。
その元年に、私たち市民活動団体と、商業者団体とが共同を始めます。

文化もありようも全く異なる二者ですが、その擦れたり、悩んだりすることも含め、ここから再度、ステップを切っていきたいと思っています。

第16回杜の宮市。

テーマは「あふれる」
人が、作品が、思いが、会話が、地域のシンボル真清田神社と本町商店街に一度集積し、それがまた大きく広がっていきます。

会場は昨年のほぼ倍に。全長は約1キロあります。ブースは341、ステージ出演も含めれば365・・・今年は366だな・・・を超える表現が、神社の杜の間から商店街の大アーケードにまで連綿と続きます。

大きくなっても、私たち自身が私たち自身の感性と汗とで手ずから描き出していく「杜の宮市」を、どうぞ皆さん、一緒に体感してください。


写真は、今年もあまり完成度が高くないマニュアル
2016-05-06 23.50.42_1.6w.jpg



posted by 星野博 at 00:26| Comment(0) | トップ

2016年05月03日

見えない分かりづらい何かを求めて

2016-05-03 02.17.37_1.6w.jpg

杜の宮市はイベントですが、ただのイベントではなく立ち上げ、維持してきました。

この地域で比較的強く欠落していること・・・

市民が自分の地域をシフトさせていくために大切なこと。

自分たちで決めて自分たちで貫いて実践していくこと。
上下なくフラットな関係性の中で共同作業と分業をしていくこと。
個々の個性や適性を評価しつつ互恵関係を築いていくこと。
文化は享受するだけでなく高く掲げ続けてやっと守れること。
言うだけでなく行動し続けること。
具体的行動の中に未来への考えを埋め込み、伝えていくこと。
お金は重要だけど志と想いで何倍も有用に働くこと。
自分のことも他人のことも大切にバランスとりながら進んでいくこと。
イエスでもノーでもない、第三の選択を探し続けていくこと。
カネもコネもモノも強くない小さなヒトが集まって、しかし大きな共有する想いを形にしていくこと。

そうしたことを。具体的実践活動の中で培い、培うことで活動を継続し、継続する中で文化・土壌を強めること。その見えない、分かりづらい何かを求めて活動そのものをデザインし、しつこく繰り返してきました。

表面上は楽しくおちゃらけた遊びですが、そのステージの覆いの下には必死の未来への想いを詰めこんでいます。
能動的主体的市民を目指して。私たち自身が志民であることを目指して。

深夜、自分でやった作業の一つ一つを仲間に伝えるため、備品にメモを貼りまくるスタッフ。
少しづつですが進んでいく我々。
見えない分かりづらい何かを求めて。
posted by 星野博 at 07:02| Comment(0) | トップ

2016年04月28日

第16回杜の宮市 2016年5月7日(土)

p1_top_A3_umezu_2016_A1_toujitu-panf_03_miyaichi16_1.6w.jpg

アートが、表現が、想いが、まちに「あふれる」

第16回杜の宮市 http://miyaichi.net/


ワクワク、ドキドキがいっぱいの杜の宮市。

16年目の今年は、杜の宮市と中心商店街がドッキング、共同して開催されることとなりました。

会場の面積は約2倍に拡大。
全長約1キロにわたって、全国から集まった341の出展者が作品や商品を販売し、活動や体験を伝えます。

●2016年5月7日(土) 10時〜17時 雨天決行
●尾張国一宮 真清田神社境内・宮前三八市広場・本町商店街にて
(JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅から歩いて5分から会場は始まります。)
●連絡先 杜の宮市準備委員会 (星野博 090-2265-9188 info@miyaichi.ne)t

■最新情報は「杜の宮市ブログ」で
http://miyaichi16th.sblo.jp/

■ 過去のようす(ミニアルバム)
http://miyaichi16th.sblo.jp/article/175074691.html

■ 会場マップ(パンフレット)
http://miyaichi16th.sblo.jp/article/175071947.html

■ エリアごとの出展・出店者の皆さん
http://www.miyaichi.net/
(下左に検索窓、その下にエリアごとの出展・出店者情報)

■ 主な開催内容
http://www.miyaichi.net/miyaichi_info/

■FB
フェイスブックページ https://www.facebook.com/morino381
イベントページ  https://www.facebook.com/events/222662588112558/


今年の杜の宮市のテーマは「あふれる」

神社の境内の一番東奥から、本町商店街の南端まで、その全域で文化とにぎわいとコミュニケーションがグルグルします。

アートからフード、体験からライブまで、「あふれる」杜の宮市を終日、体感してください。

posted by 星野博 at 20:36| Comment(0) | トップ

2016年04月27日

パンフレット公開

all_hori_2016_A1_toujitu-panf_03_miyaichi16_1.6w.jpg

5月7日(土)当日、5,000枚を配布するパンフレットを公開します。
A1サイズ裏表、4つ折りでの配布となります。かなり大きいです。

なおブースやイベントの場所などは変更となる可能性もあります。

詳細は下記PDFより

杜の宮市16パンフレット P1 表紙・全体マップ

杜の宮市16パンフレット P2 真清田神社・宮前三八市広場エリア

杜の宮市16パンフレット P3 本町商店街エリア

杜の宮市16パンフレット P4 協賛広告・フッター


posted by 星野博 at 23:58| Comment(0) | トップ